ビジネスのネタの探すには人の「困った」に焦点を当てる?

スポンサーリンク




ビジネスを始めたいと思っている場合、安易にどこにでもあるようなビジネスを始めてしまう人もいます。

そんなビジネスは成功する可能性が低いと言えます。

どこにでもあるようなビジネスだと同じような競合が現れると、すぐに敗れ去ってしまうでしょう。

だから、他とは差別化したビジネスをすることがポイントです。

そのためにはやはり人が目をつけていない新しいビジネスを考えることが成功の秘訣です。

よく言われるニッチを探すということです。

こうしたニッチを探し出せば、小資本ビジネスでも十分に勝算があります。

しかし、ニッチを探せと言われた場合、どうやってニッチを見つけたらいいのでしょうか?

その方法ですが、ビジネスの基本に立ち返ることが肝要です。

そもそも人は自分にとって価値があると判断したものに対価を払います。

特に困りごとがある場合、それを解決する手段があれば、それに対して対価を払うことを厭わないものです。

ですから、人の困りごとに焦点を当ててみると良いビジネスのネタが見つかる可能性が高いです。

人がどのようなことに困っているのか、それを意識していると、思わぬ発見ができたりします。

それが、ビジネスで大儲けできるチャンスにつながります。

ビジネスのネタと言うのは偶然に見つかることもありますが、そうした偶然に頼るよりも自ら意識してネタを探す態度を持っていたほうが圧倒的に見つかる確率が高まります。

普段からの意識、それが重要なのです。

あなたのキャッシュを増やす簡単な方法

ビジネスモデルを設計するとは何をどうすることなのか、ゼロから起業のアイデアを生み出して行くとは、どういうプロセスが必要なのかについて、体感頂ける無料講座となっています。 その内容は次の通りです。 最初の2週間では、かなりのボリュームがある形とはなりますが、ビジネスモデルのアイデアを生み出すための根幹となる考え方でもある、「起業アイデア核融合」の手法を学習の上、各種ワークを行って頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。