起業する年齢は若いほうがいい?経験を積んでからがいい?

スポンサーリンク

20151107
起業するには何歳ぐらいが最も適しているのかと言うことについては、いろいろと議論があります。

若いほうが良いと言う人もいれば、逆に社会で経験を積んでからのほうが成功しやすいという人もいます。

これに関しては百家争鳴という状態で、主張もバラバラです。

だから、どの意見が正しいのかわからないと思います。

成功した起業家が百人いれば百通りの成功法があると言われるぐらいですから、多様な意見があるのも当たり前と言えます。

ですが、実際に成功した起業家に何歳ぐらいで起業したら良いのかと言う質問をすると、多くの人が若いほうが良いと言う返事をします。

逆に、じっくりとスキルや経験を磨いて、歳をとってから起業したほうが良いと言うことを主張する人はほとんどいません。

この事実からでも、やはり起業するなら若いうちにしたほうが良いということになると思います。

何故、そうなのかと言うと、会社員としての仕事と、経営者としての仕事はまったく違うからです。

だから、会社員として何十年もの経験を持っていたとしても、辞めて起業すれば経営者1年生ということになります。

こうした経営者としての勉強は早めにしたほうが経営者としてのスキルを伸ばすことが出来ます。

そういう意味でも多くの起業家は早めの起業を勧めるのです。

実際、40代、50代になってから起業して成功した人たちもたくさんいますが、調べてみると大成功した起業家の多くは若いうちから起業している人が多いのがわかります。

ブログランキング

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です