売上アップ戦略の肝は小さく成功したら次々に手を打つこと

スポンサーリンク




事業をしている人は、日々、どうすれば売り上げが上がるかを考えていることと思います。

売り上げアップのためには営業力の強化や宣伝広告などいろんな方法があります。

しかし、何といっても大事なのが魅力的な商品。

売り上げを上げてくれる商品がないと話になりません。

消費者に魅力が無い商品の場合、いくら頑張っても売れないもの。

早めに見切りをつけて売れる商品を探すことが大切となります。

もし、ちょっとしたヒット商品が生まれたりしたら、「ラッキー!」と喜んでいる場合ではありません。

ここぞとばかりに次の手を打つことが必要です。

それも一つよりも二つ、二つよりも三つと言う感じで次々に手を打つのが理想です。

よく映画などがヒットした場合、続編が作られたりします。

また、シリーズ化することもしばしばです。

昔の映画で言うと、寅さんとか釣りバカ日誌などがその典型です。

こうやってヒット商品を一時的なものではなく、定番商品にするように努力しましょう。

ヒット商品は売り上げがピークに達すれば、後は徐々に下がるのが普通です。

まごまごしていると、そのまま売り上げが下がってしまい、元の売り上げ低迷時代に逆戻りしてしまいます。

野球のイメージで言うと、小さなヒットを次々につなげていくことが重要です。

起業家の中にはホームランを狙う人もいますが、それよりもヒットのほうが打てる確率は高いもの。

そのヒットをいかにつないでいくかを考えるのが成功の近道と言えます。

あなたのキャッシュを増やす簡単な方法

ビジネスモデルを設計するとは何をどうすることなのか、ゼロから起業のアイデアを生み出して行くとは、どういうプロセスが必要なのかについて、体感頂ける無料講座となっています。 その内容は次の通りです。 最初の2週間では、かなりのボリュームがある形とはなりますが、ビジネスモデルのアイデアを生み出すための根幹となる考え方でもある、「起業アイデア核融合」の手法を学習の上、各種ワークを行って頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。