中高年失業からの起業。仕事が見つからないなら自分で作る

スポンサーリンク




失業しているという人の割合である失業率。

現在、女性よりも男性のほうが失業率が高い状態となっています。

特に中高年の男性は悲惨な状態となっているケースがあります。

一家の大黒柱と期待されながら、思ったような給料がもらえる仕事が見つからないケースが多いのです。

企業から見ると、余程の経験やスキルがある場合は別ですが、そうでない中高年男性はあまり魅力がある人材ではないのが実際のところ。

ですから、ギャップが生じているわけです。

ただ働く側もズルズルと無職期間が続けば、ますます再就職が遠のきますし、それ以上に本人のやる気が萎えてしまいます。

もし、そういう状態に陥っているなら、起業という道に活路を開くのも一つのやり方です。

つまり、仕事が見つからないなら自分で作るという発想です。

大きな会社を作り上げるということではなく、自分たち家族が食べていければ十分ということでしたら、何とかなるケースも多いものです。

お勧めは代行業的な仕事。

こうした仕事は意外に求められているものです。

就職先はなかなか見つからなくても、企業側に仕事がないというわけではないのです。

企業としても内部に人を抱えるよりも外部に委託したほうが効率的と考えるケースが増えています。

ですから、外部に代行してくれる人がいるなら積極的に委託したいという企業はたくさんあります。

そうした需要を上手くくみ取って小さな事業を始めれば、失業者から脱却し、自ら経営者になることができます。

あなたのキャッシュを増やす簡単な方法

ビジネスモデルを設計するとは何をどうすることなのか、ゼロから起業のアイデアを生み出して行くとは、どういうプロセスが必要なのかについて、体感頂ける無料講座となっています。 その内容は次の通りです。 最初の2週間では、かなりのボリュームがある形とはなりますが、ビジネスモデルのアイデアを生み出すための根幹となる考え方でもある、「起業アイデア核融合」の手法を学習の上、各種ワークを行って頂きます。